JEC連合

日本化学エネルギー産業労働組合連合会
Japanese Federation of Energy and Chemistry Workers' Unions

About JEC連合

会長挨拶

連帯する仲間と共に社会にとって存在感のある組織を目指そう

JEC連合は、2002年10月10日、新化学、石油労連、全国セメント、化学リーグ21の4産別が結集し、化学・エネルギーを中心とした産業別組織として立ち上げられました。

以来、日本の化学・エネルギー産業における労働者の団結を代表する組織として、労働条件の向上、産業政策実現に取り組んできています。

2008年からは10ヵ年の中期計画である「中期ビジョン」の実現に向け活動を進めており、現在は最終(第3)ステージに入っています。

【中期ビジョン スローガン】

加入のスケールメリット、集う良さが感じられ、仲間が一丸となって社会に役立つ力強い組織を目指す。

2008年策定の「中期ビジョン」に込めた思いは何も変わってはいませんが、この間、二度の政権交代、一強他弱の政治情勢、震災を経て、とりまく環境は大きく変化しました。そして少子高齢化・人口減少、格差の拡大が大きな課題となり、安心できる社会保障の確立といきいきと働くことができる社会の実現に向けた政策が強く求められています。

また、グローバル化、エネルギー資源価格の変動、IoT進展など、エネルギー産業や化学産業をとりまく情勢も変化しており、産業別労働組合として政策活動を有効に実施する体制の整備も早急に対応すべき課題となっています。

私達は働く人が安心して暮らしていける社会の実現のために、連合組織の一翼を担う組織として連合運動・社会運動に積極的に取り組むと同時に、化学・エネルギー産業の発展とそこに働く人の幸せを追求するために、連帯する仲間を増やし、その仲間と共に社会にとって存在感のある組織となるような活動を進めていきます。

JEC連合会長 平川 純二

PAGE
TOP