JEC連合

日本化学エネルギー産業労働組合連合会
Japanese Federation of Energy and Chemistry Workers' Unions

About JEC連合

JEC連合とは

JEC連合とは?

Japanese Federation of Energy and Chemistry Workers Unions

の頭文字をとった名称です。

JEC連合(正式名称:日本化学エネルギー産業労働組合連合会)は2002年10月に結成した組織です。業種別部会活動を運動の柱とし、ネットワーク型の産業別 組織として運動を展開しています。日本における化学エネルギー産業を代表する組織 であるとともに、一般産業労働者も結集しています。組合の規模も大手から中小組合と幅広く、今後のさらなる化学エネルギーの大結集を視野に入れ運動を展開しています。

基本理念

  1. 自由にして民主的な産業別労働運動を実践し、21世紀にふさわしい新しい労働運動の構築と発展をめざす。
  2. 社会正義、社会的公正さを追求し、政策制度要求の実現、雇用確保と創出、労働諸条件の改善を通じて、活力のある安心して暮らせるこころ豊かな社会と生活の実現を期す。
  3. 労働組合の社会的責任を認識し、労使協議会等を通じて経営チェック機能を高めるとともに、新しい時代の労使関係を構築していく。
  4. これらを通じて、労働組合および組合員の社会的存在価値を高めるとともに、化学・エネルギー関連産業を中心とする労働者のさらなる結集をめざす。

PAGE
TOP